東京都における医療全体の発展に寄与する活動を行う公益社団法人 東京都理学療法士協会のオフィシャルサイトです。

03-3370-9035
ホーム > 会員の方へ > 研修会・講習会 > [11/12]区中央部・区南部・島しょブロック学術集会 のお知らせ

東京都理学療法士協会事務局へのお問合せは、こちらまでお願いします。

〒151-0053
渋谷区代々木2-26-5
バロール代々木409
TEL:03-3370-9035
FAX:03-3370-9036
E-Mail:tpta@eagle.ocn.ne.jp
受付時間:平日10:00〜16:00
会員の方へ

ブロック主催

[11/12]区中央部・区南部・島しょブロック学術集会 のお知らせ

公益社団法人 東京都理学療法士協会 区中央部・区南部・島しょブロック 主催

平成29年度 区中央部・区南部・島しょブロック学術集会 のお知らせ

 

 

日 時:平成29年11月12日(日) 13:00~17:30 (12:30~受付開始)


会 場:東京医科歯科大学医学部附属部病院

3号館 2階 講義室1


参加資格:特になし。理学療法士に限らず,他職種の方,一般の方,どなたでもご参加いただけます.

 

定員:200名

 

参加費:東京都理学療法士協会会員:1,500円

東京都理学療法士協会会員以外の日本理学療法士協会会員:2,000円

日本理学療法士協会会員でない理学療法士:4,500円

理学療法士以外の医療・福祉専門職種:4,500円

学生(理学療法士養成校):無料

 

 

※日本理学療法士協会の会員は,当日,会員証を提示下さい.

提示されない場合には,非会員としての参加費を徴収する場合があります.

 

申し込み方法:

下記専用URLより事前参加登録をお願いします.

https://docs.google.com/forms/d/1YqAEPILJQWCczhPoktDBMatIE-PAZdOOf7G5j58aFjU/edit?usp=sharing

 

 

■プログラム

区中央部・区南部・島しょブロック学術集会

テーマ:各疾患別理学療法の進め方

 

日時:平成29年 11月12日(日)13:00~

 

場所:東京医科歯科大学医学部附属病院 3号館 講義室1

 

12:30受付開始

 

13:00~14:00 セミナー①「循環器疾患における理学療法の進め方」

講師:岡村大介(聖路加病院)

 

14:10~15:10 セミナー②「がん患者における理学療法の進め方」

講師:荒木聡子(NTT関東病院)

 

15:20~16:20 セミナー③「THA患者における理学療法の進め方」

講師:岡安健(東京医科歯科大学医学部附属病院)

 

16:30~17:30 発表 5演題予定

 

新プロポイント:C-3(内部障害の理学療法) ※セミナー①受講により付与

C-2(運動器疾患の理学療法) ※セミナー③受講により付与

C-6(症例発表・筆頭演者のみ)

 

認定・専門ポイント:学会参加ポイント10点 発表5点

 

■参加募集期間:平成29年11月7日(月)まで(お申し込み状況により参加を検討させて頂く場合がございます。ご承知の上、お申し込みの程、宜しくお願い申し上げます。)

 

■演題募集期間

申込み期間:平成29年9月25日(月)~平成29年10月23日(月)まで

 

■概要:リハビリスタッフの技術向上、交流を目的に理学療法士だけでなく、リハビリテーションに従事する全てのスタッフより幅広いテーマで演題を募集し、演題発表会を開催する。

 

■参加者へのお願い

駐車場 : 参加者用の駐車場はございません.ご参加の際には,公共交通機関のご利用をお願い致します.

託児所 : 期間中の託児室の設置は致しません.

ゴ  ミ : 持ち込んだゴミは各自での持ち帰りをお願い致します.

撮 影 : 会場内でのカメラ・ビデオ撮影(カメラ付き携帯電話を含む)・録音などは一切,禁止させて頂きます.

 

■理学療法士の皆さんへ :履修ポイント(予定)

新人教育プログラム:「C-2:運動器疾患の理学療法、C-3:内部障害の理学療法」に該当し、1単位付与されます。

演題発表者は「C-6 症例発表」に該当し、(上記とは別途)3単位付与されます。

専門・認定理学療法士:学会参加ポイントとして10ポイント、演題発表ポイントとして5ポイントが取得できます。

 

 

――――  演 題 募 集 要 項  ――――

 

 

Ⅰ.演題発表概要

1.口述発表のみとなります.

2.発表形式はコンピュータープレゼンテーションのみで,一般スライドは使用できません.

3.発表内容は,リハビリテーションの発展に寄与する内容に限ります.

 

Ⅱ.応募資格

1.当演題発表会は、リハビリスタッフの技術向上、交流を目的に、理学療法士だけでなく、作業療法士、言語聴覚療法士、ケアスタッフなどのリハビリテーションに従事する全てのスタッフより広く演題を募集します。

 

Ⅲ.応募方法

※電子メールによる受け付けのみとなります.

送信先アドレス:E-mail:chuominamishima@pttokyo.net

※締切日:平成29年10月23日(月)

1.送信メールの件名には『学術集会応募』と記載してください.

2.●会員番号(日本理学療法士協会会員のみ),●氏名(フリガナ),

●所属機関(自宅会員の場合は自宅),●所属機関の住所(自宅会員は自宅住所),

●連絡先(TEL・FAX・E-mail),●事前参加登録の有無 を明記してください.

●職種(任意)

3.Microsoft Word にて作成した抄録を送信メールに添付してください.

4.抄録作成については必ず「Ⅶ.抄録作成要領」を参照してください.

 

Ⅳ.応募上の注意

1.応募された演題と大会当日の発表内容が大幅に変わることのないようにしてください.

2.筆頭演者としての応募は1人1題に限ります.

3.演題申し込みにあたっては,共同演者の了解を得た上で応募してください.なお,共同演者も 筆頭演者と同等の責任を負うことをご承知ください.

4.内容の類似している複数演題及び他学会や雑誌等で発表済みの演題応募はご遠慮ください.

5.個人情報保護法を遵守し,本文中の研究対象にとって不利となるような属性(人名,施設名等)を記載しないよう注意してください.

6.本会の運営委員会では,これらの点についての確認は行いませんので,全て登録者の自己責任において応募して下さい.

7.採択された演題の取り消しはできません.

 

Ⅴ.応募演題に関する倫理上の注意

ヘルシンキ宣言に沿った研究であることを確認ください.特に,プライバシーの侵害や人体に影響を与える研究に関しては,対象者に説明と同意を得たことを本文中に明記してください.また,レントゲン撮影や,侵襲を伴う研究方法がなされた場合は,抄録中にそれを実際に施行した人の職種を明記してください.なお,演者の所属する機関の倫理委員会で承認された研究である場合は,その旨抄録中に記載してください.ヘルシンキ宣言を必ずご一読ください.

 

Ⅵ.演題審査

1.演題の採択については,ブロック世話人会が依頼した演題審査委員による選考結果を参考にブロック世話人会が決定します.

2.演題審査において,必要のある場合は演題審査委員により,文章の修正をお願いする場合があります.

3.演題の採択結果については,平成29年10月27日(金)までに電子メールで通知いたします.

4.採択された演題の取り消しは原則としてできません.

 

Ⅶ.抄録作成要領

1.抄録はWindows版 Microsoft Wordにて作成してください.

2.縦A4 用紙に横書きで記載してください.抄録中の文字は全て,フォントは10.5 ポイント,字体は明朝体としてください.

3.演題タイトル,演者・共同演者名,所属,キーワードの順に各行に記載してください.

本文はキーワード行の次行より記載して下さい.

4.キーワードは標準的な用語を使用し,必ず3 個記載してください.

5.本文には,患者情報・評価結果・治療歴など小見出しを必ずつけてください.小見出しは【すみつきカッコ】で囲んでください.

6.本文の文字数は1000字以内とし,各行の最後で改行(リターン)を入れず,各段落の最後のみ改行してください.

7.図表は抄録に含めないでください.

 

Ⅷ. 口述発表について

1.演者は学術集会開始時刻の30 分前までに,演者受付にて登録を済ませ,プレゼンテーションデータの動作確認を行ってください.また,10 分前には会場の演者席に着座願います.

2.発表時間および質疑応答時間は追ってご連絡致します.

3.プレゼンテーションデータはWindows 版Microsoft Power Point にて作成して下さい.スライド枚数の制限はありませんが,発表時間内に収まるよう注意してください.

4.当日使用するプレゼンテーションソフトはWindows版Microsoft Power Point 2010です.プレゼンテーションデータは当日持込としますが,事前に必ずWindows 版Microsoft Power Point 2010で動作可能なことを確認してください.

5.事前に必ずプレゼンテーションデータを作成しているパソコン以外のパソコンでも動作可能であることを確認してください.

6.プレゼンテーションデータはUSB メモリーと,それ以外の記憶媒体(フロッピーディスクを除く)の2 種類以上に保存の上,当日持参してください.事前に記憶媒体のウィルスチェックを徹底願います.

7.上記の内容に従って作成しなかった場合,当日正常にファイルが動かないなどのトラブルが生じても一切責任は負えません.

8.動画を使用される方は発表に必要なデータを保存したご自分のノートパソコン(Windowsに限ります)を持参してください。

※ノートパソコンはプロジェクターケーブルが接続可能な物とします。

9.プレゼンテーションファイルの操作は演者自身で行ってください.やむを得ない場合は,操作担当者を一人準備して下さい.

 

ご不明の点は、下記事務局にお問い合わせください。

 

E-Mail: tyunashi-jimu@googlegroups.com

金井・相川 まで

 

ページトップ
公益社団法人 東京都理学療法士協会

東京都における医療全体の発展に寄与する活動を行う公益社団法人
東京都理学療法士協会のオフィシャルサイト

Copyright ©2016
公益社団法人 東京理学療法士協会 All rights reserved.